西洋アンティーク | 東京 | 歴史と芸術の融合

西洋アンティークショップ 11th Avenue | 東京 | 通販

フランス【アンティーク 】フィレ 純銀製スプーン 1800年代半ば

4,950円(税込)

購入数
フランス,アンティークのシルバー製スプーンです。

1800年代半ばの特徴的なスプーンで、コーヒーやティー用に使用されいたサイズです。
フィレ(Filet)とよばれるフランス伝統のデザインで、シンプルですが上品なスタイルです。
この時代のスプーンは先端が尖っているのが特徴で

純銀製(950/1000、ミネルヴァ1st)、工房は不明(王冠にBourbonの文字)です。

年代1840年代〜1860年代
刻印ミネルヴァ1st、工房の刻印
状態コンディションb良好(経年の使用傷が若干ございます)
サイズ長さ 13cm
重量約14.6g

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。



スプーン1

1800年代半ばのスプーン。工房が特定できなくても形状と刻印の位置でおおよその時代が判別できます。



フィレと呼ばれるフランスを代表的な装飾パターンです。

スプーン2


ソルトスプーン3

シルバーの証明印であるミネルヴァの刻印。面白いのが工房の刻印で、王冠にブルボン(Bourbon)の刻印。王冠にブルボンとなるとどうしても王族貴族のブルボン家が頭をよぎります。この工房の詳細は不明で、直接的な関係はないと思いますが、その名を使用している以上、庇護されていたなど何らかの由来がある可能性があるのが面白いところです。