西洋アンティーク | 東京 | 歴史と芸術の融合

西洋アンティークショップ 11th Avenue | 東京 | 通販

サン・ルイ【フランス】「Riesling(リースリング)」ワイングラス(黄)

14,300円(税込)

購入数
フランスのクリスタルガラスブランドであるサン・ルイのワイングラスです。

被せガラスにカット装飾が施されたグラスです。
ドイツで有名なブドウの品種であるRiesling(リースリング)と呼ばれているモデルで、形も脚の長いレーマー型のモデルです。

緑が買った黄色の色合いです。

1948年公式カタログ掲載品。

【SAINT=LOUIS / サン-ルイ】
1586年、ミュンツタール・ガラス工房(Muntzthal)が創業。1767年、ルイ十五世から聖ルイ9世にちなみ「Saint-Louis」の名称を賜り、王立ガラス工房(Verrerie royale)として設立される。 1787年、クリスタルガラスの発明に成功、1829年、「Cristallerie royale de Saint-Louis(サン・ルイ王立クリスタル工房)」となる。1832年、バカラやジョワジ・ル・ロワなどの数社が協力し、ローネー・オタン・エ・カンパニーが設立される(1857年解散)。20世紀はポール・二コラ(Paul Nicolas)やジャン・サラ(Jean Sala)などのデザイナーと協力し工芸ガラスを制作、1995年エルメスグループの傘下に入り、現在ではエルメスで販売がされるなど権威を保っている。



年代1940年代頃
刻印なし
状態コンディションb良好
サイズ高さ 15.3僉…招臓5.3cm

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。



リースリング1

リースリングという19世紀半ばの代表的なデザインのグラス。透明なガラスの上に色付きのガラスを被せ、上からカットすることで色合いに模様をつけます。



赤や青などのはっきりした色合いに比べ色合いが薄く日本では人気が劣る色合いなのですが、実はワインに映える色合いは濃い色合いではなくこのような淡い色合いです。白ワインを入れれば爽やかな色合いに、赤ワインを入れれば黄色との綺麗なグラデーションになります。

リースリング2


リースリング3

1948年の製品カタログ。左側です。