西洋アンティーク | 東京 | 歴史と芸術のマリアージュ

西洋アンティークショップ 11th Avenue | 東京 | 通販

バカラ【フランス】グラヴィール装飾 大花瓶

37,400円(税込)

購入数
オールドバカラの花瓶です。

バカラの得意としたタイユグラヴィールで、植物がデザインされた花瓶です。
アール・ヌーヴォーの影響を受けた独特なデザインで、コート・ヴェニシエンヌと呼ばれる縦のストライプ上揺らぎが光の陰影を美しくさせていています。

いくつかのサイズが作られているモデルですが、こちらは約36cmと大きなサイズです。

1916年バカラ公式カタログ掲載。

【バカラ / Baccarat】
フランスを代表するクリスタルガラスメーカーで、世界的な人気を現在も誇る。
1763年、フランス国王ルイ十五世はロレーヌ地方にガラス工場を設立する許可を与えられたのが始まりである。当初は設立者の名前から「ルノー・ガラス工場」という名称だったが、3年後に「バカラ・ガラス工場」と改名された。その後は買収や倒産などを繰り返すものの工場は続き、次第に発展していきました。1855年のパリ万国博覧会では金賞、1867年の同博覧会ではグランプリを獲得するなどその地位を確立していった。バカラはパリ商法登録商標の第一号を1860年に取得している。バカラの作品はフランス国王を始め、世界の皇帝や皇室などに愛された。現在でもその人気は衰えることなく続いている。



年代1910年代ごろ
刻印なし
状態コンディションb良好
サイズ高さ 35.8cm

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。



花瓶1

美しいグラヴィール装飾によるオールドバカラの特徴的な花瓶。35.8cmと存在感のあるサイズです。



コート・ヴェニシエンヌと呼ばれる縦縞のゆらぎのデザイン。これは19世紀後半からバカラに限らずフランスで流行したもの、

花瓶2


花瓶3

1916年の場からの公式カタログより。テーブルウェアのカタログではなく「Cristaux tailles」というカットやタイユグラヴィール装飾のカタログです。



おすすめ商品