Journal des Demoiselles【フランス】ファッションプレート 1881年2月

フランスアンティークのファッションプレートです。

『Journal des Demoiselles』という1833年から1922年までフランスで発行されていた雑誌のファッションプレートです。上・中流階級のティーンエイジャー向けのファッションプレートとして発行された版画(リトグラフ)です。
華麗なドレスを着た2人の女性がデザインされており、手彩色による色合いもアクセントが効いていて良いデザインとなっております。衣装はリシュリュー通りのヴィダル婦人、手に持っている扇子は、扇子で著名なメゾンであるエルネスト・キース(Ernest Kees)による扇子です(キースの扇子はアンティークの市場でも多く出回っています)。背景にはルイ15世様式(ロココ)の室内装飾もさりげなく見受けられます。
赤色と黄色の鮮やかなドレスを着た女性と、スカイブルーに花の装飾の爽やかなドレスを着た女性の2人がデザインされたプレートです。2人とも扇子を使用しているのが印象的です。1855年創業のミシン会社H.VIGNERONが使用されていることが下部の説明で分かります。

マット、新品額付(八つ切りサイズ)です。額なしは-2,750円、違う額をご希望の際はお問い合わせ下さい(同サイズの在庫のある範囲でご紹介させていただきます)。

※日本では1800年代後半のファッションプレートが誤って「銅版画」として売られることが多いですが、1830年代以降ほとんどはリトグラフもしくは鋼版画(スチールエングレーヴィング、もしくは鋼メッキ銅板)によって製造されています。


【ジョルナル・デ・ドゥモワゼル / Journal des Demoiselles】
1833年、 Jeanne-Justine Fouqueau de Pussyによってパリで創刊。1865年より、月刊誌とは別に隔月刊版など4種類に増え、さらに1869年に週刊版が追加されるなど人気雑誌であった。裕福な家庭の14歳から18歳をターゲットにした雑誌であり、単なるファッションだけではなく、上流階級の人間として必須だった文学や科学、道徳など教養を高め、一人前の女性として、育てる要素もあった。1922年に廃刊。






年代/PERIOD1881年
出版社(者)/ PUBLISHER Th. Dupuy & Fils, 22, rue des Petits-Hôtels, Paris
技法/TECHNIQUEリトグラフ、手彩色
絵師&彫師 / DESIGNER&ENGRAVER
解説 / COMMENTToilettes de Melles VIDAL, r.Richelieu104_ Etoffess en foulards de la COMPAGNIE DE INDES, Bd Hauosmann 34,Machines a coudre & a Plisser de la Mon H.Vigneron 10 .Bd.Sebastopol.
状態/CONDITIONコンディションb良好(経年による多少のシミ・ヤケあり)
サイズ/SIZE八つ切り(マットサイズ 303mm×242mm)

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。



  • Journal des Demoiselles【フランス】ファッションプレート 1881年2月

Journal des Demoiselles【フランス】ファッションプレート 1881年2月

0円(税込)

在庫状況 在庫0 売り切れ

  • 額の有無
購入数

ジャンル別

発送日カレンダー

2020年7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
赤色は発送お休みです。