ゴルトシャイダー【オーストリア】 ヨーゼフ・ロレンツル「AIDA」人形

オーストリアの優れた陶磁器メーカーであるゴルトシャイダー(Goldscheider)の人形です。

アール・デコを代表するデザイナーの1人であるヨーゼフ・ロレンツル(Josef Lorenzl)によるデザインで、通称「AIDA」(アイーダ)と呼ばれているモデルです。デコの非常に洗練された立ち姿の美しいエジプトスタイルのダンサーがデザインされ、こちらもまた見事なデコの絵付けが施されています。絵付けのパターンは数パターンありますが、こちらは幾何学的で洗練されたデザインです。

このゴルトシャイダーの人形は磁器ではなく、ファイアンス(陶器)で製造されているのが特徴で、そのため非常に柔らかい表情が感じられます。

ロレンツルの作品は当時から世界中で非常に高い評価を得ており、こちらの人形もゴルトシャイダーで製造された人形の1つです。またゴルトシャイダーは日本ではほとんど知られていませんが、こちらもまた世界で最も優れた人形メーカーの1つだった工房です。流通量が非常に少ないお品です。

【ゴルトシャイダー / Goldscheider】
フリードリッヒ・ゴルトシャイダー(Friedrich Goldscheider)により1885年に創業。テラコッタやファイアンス、そしてブロンズ製品などを制作。歴史主義、アール・ヌーヴォー(ユーゲントシュティール)、アール・デコというそれぞれの流行に合わせ半世紀にわたり優れた人形を制作、有力な工房の1つとして知れ渡った。Michael Powolnyや Josef Lorenzlなど有名なデザイナーと組んで制作し、これらの作品群は現在でも世界で高く評価されている。1938年にドイツ・ナチス政権の影響で、ユダヤ人であったゴルトシャイダー家はイギリスやアメリカに移住、それぞれの地で活動を再開した。その後、ドイツの会社に売却、1963年で生産は終了した。



【ヨーゼフ・ロレンツル / Josef Lorenzl】
1892年、ウィーンに生まれる。Arsenalにてブロンズ制作の勉強をし、その才能が広まりゴルトシャイダーを始めとする陶磁器工房でデザインをするようになった。アール・デコの優れた製品を製造し、1950年に死去。彼の妻Annaは彼の作品の多くを破壊し破棄したため、残存数が少ない。


年代1920年代
刻印あり、Lorenzlのサインあり
状態コンディションb良好(ただし貫入あり(焼成時にできる釉薬のひび)。台座の黒い線はデザインです)
サイズ高さ 28.5cm 横幅 13僉並翩分)

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。




ゴルトシャイダー ロレンツル 人形
  • ゴルトシャイダー【オーストリア】 ヨーゼフ・ロレンツル「AIDA」人形

ゴルトシャイダー【オーストリア】 ヨーゼフ・ロレンツル「AIDA」人形

264,000円(税込)

購入数

ジャンル別

発送日カレンダー

2021年3月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
赤色は発送お休みです。