ガレ【フランス】蘭に野草文花瓶

アール・ヌーヴォーを代表するガレの花瓶です。

被せガラスと酸化腐食彫で蘭をメインに野草がデザインされた花瓶です。
いわゆるバンジョーと呼ばれる鶴首型の定番の形で、素地は黄色、その上に濃い茶色が被せられた色合いです。このような色合いはアール・ヌーヴォーからアール・デコへと時代が移った影響もあり、第3工房期によく好まれて使用されました。


【エミール・ガレ / Emile Galle】
アール・ヌーヴォーの巨匠ともいわれるフランスの工芸家である。1846年に生まれる。父であるシャルル・ガレが陶器やガラスなどの工場を経営しており、そこでデザインなどを学ぶ。そのデザインの多くは植物や生物など自然を主題としており、死生観を表現するなど芸術性は非常に高い。1874年には自身で陶器やガラス、家具などの製作を始める。陶器においてはシャルル・ガレの代よりサン=クレマン製陶所にて生産していたが、1880年前後よりラオン=レタップ製陶所にて生産するようになる。ガラス製品においては1874年に自身のガラス工房が完成、1885年にはマイゼンタールと契約し制作を進め、様々な技法を開発、ガラスの表現方法を大幅に広げた。作家の詩等をガラスに刻み「もの言うガラス」は人気を博した。また、日本人の高島北海と交流があり、ジャポニズムの影響も受けている。1889年のパリ万博ではガラス部門グランプリ、陶器部門金賞、家具部門で銀賞を受賞し、世界的に高い評価を得る。1904年に死去。ガレの死後も1931年まで工房は続いた。


年代1920年代
刻印galle
状態コンディションb良好(製造時の気泡、気泡痕あり)
サイズ高さ 17.3cm

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。


※コピー・リプロダクト品ではございません。




ガレ1

バンジョー型。蘭と野草がデザインされています。



この形は修復で上部が切られていることが多いですが、この花瓶はオリジナルのままです。

ガレ2


ガレ3

サインあり。このタイプのガレの真贋判定にサインで見分けるということはありません。全体のつくり、デザイン、色合い、形状で判断します。


  • ガレ【フランス】蘭に野草文花瓶

ガレ【フランス】蘭に野草文花瓶

0円(税込)

在庫状況 在庫0 売り切れ

購入数

ジャンル別

発送日カレンダー

2020年8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
赤色は発送お休みです。