西洋アンティーク | 東京 | 歴史と芸術の融合

西洋アンティークショップ 11th Avenue | 東京 | 通販

サン・ルイ【フランス】金彩装飾(No.3219)リキュールグラス

6,480円(税込)

購入数
フランスのエルメス傘下のガラスブランドであるサン・ルイのグラスです。

エッチングで花籠とガーランドのお洒落な装飾のグラスです。
エッチング部分と縁には金彩装飾が施されています。
この装飾のデザインパターンは「3219」で1930年のカタログに掲載されています(当時のサン・ルイのグラスのサービス名は装飾ではなく、形状から名付けられています)。
脚が細く長いリキュールグラスです。

在庫2客ございます。

【SAINT=LOUIS / サン-ルイ】
1586年、ミュンツタール・ガラス工房(Muntzthal)が創業。1767年、ルイ十五世から聖ルイ9世にちなみ「Saint-Louis」の名称を賜り、王立ガラス工房(Verrerie royale)として設立される。 1787年、クリスタルガラスの発明に成功、1829年、「Cristallerie royale de Saint-Louis(サン・ルイ王立クリスタル工房)」となる。1832年、バカラやジョワジ・ル・ロワなどの数社が協力し、ローネー・オタン・エ・カンパニーが設立される(1857年解散)。20世紀はポール・二コラ(Paul Nicolas)やジャン・サラ(Jean Sala)などのデザイナーと協力し工芸ガラスを制作、1995年エルメスグループの傘下に入り、現在ではエルメスで販売がされるなど権威を保っている。



年代1930年代頃
刻印なし
状態コンディションb良好(製造時の傷多少あり)
サイズ 高さ 14.1cm 直径 4cm

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。



リキュールグラス1

脚の長い優雅なデザインです。



花籠とリボンのガーランドデザイン。様式としてはルイ16世様式のデザインです。

リキュールグラス2


リキュールグラス3

金彩装飾があるので華やかです。



1930年のサン・ルイ公式カタログ。サービス名の「SAPHO」は形状の名前で、このリキュールグラスとは異なります。装飾は3219で一緒です。当時は形状と装飾の様々な組み合わせがありました。

リキュールグラス4

おすすめ商品