西洋アンティーク | 東京 | 歴史と芸術の融合

西洋アンティークショップ 11th Avenue | 東京 | 通販

バカラ【フランス】F10254 T7743 ワイングラス

8,800円(税込)

購入数
オールドバカラのグラスです。

形状(Forme)のNo.10254、カット装飾(Taille)のNo.7743のグラスです。
上部に横線のカット、その下部にはうろこ状のカットが3段に渡ってカットされている装飾です。この装飾はのちにショニー(Chauny)というモデルでも使われています(形状は違いますが)。
形が特徴的で、シュッとした綺麗なグラスです。

程よい大きさのワイングラスです。

1916年バカラ公式カタログ掲載。カタログに掲載されているモデルですが、通常販売されていたモデルではなく、特定の顧客のみに対して売られていたモデルで、注文際には事前相談が必要でした。

在庫3客あり(単品での販売です)。

【バカラ / Baccarat】
フランスを代表するクリスタルガラスメーカーで、世界的な人気を現在も誇る。
1763年、フランス国王ルイ十五世はロレーヌ地方にガラス工場を設立する許可を与えられたのが始まりである。当初は設立者の名前から「ルノー・ガラス工場」という名称だったが、3年後に「バカラ・ガラス工場」と改名された。その後は買収や倒産などを繰り返すものの工場は続き、次第に発展していきました。1855年のパリ万国博覧会では金賞、1867年の同博覧会ではグランプリを獲得するなどその地位を確立していった。バカラはパリ商法登録商標の第一号を1860年に取得している。バカラの作品はフランス国王を始め、世界の皇帝や皇室などに愛された。現在でもその人気は衰えることなく続いている。



年代1910年代ごろ
刻印なし(1936年以前はマークは付きません)
状態コンディションb良好
サイズ高さ 14cm

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。



グラス1

オールドバカラのグラス。形状(Forme)のNo.10254、カット装飾(Taille)のNo.7743によるモデル。当時のフランスではバカラに限らず形状と装飾にそれぞれナンバーをつけてその組み合わせで売ることが多かったです。



カット装飾がくどすぎず、綺麗なデザインです。

ワイングラス2


バカラ3

1916年の場からの公式カタログより。