マイゼンタール【Meisenthal】1927年 公式製品カタログ(デジタル資料)

フランスにあった有力ガラス工房マイゼンタール(Meisenthal)のカタログです。

マイゼンタールというと日本ではエミール・ガレが修行した工房として有名です。その頃はブルグン・シュヴェーラー社 (Burgun, Schwerer & Cie)が経営をし、 優れた工芸ガラスも制作していました(特にデジレ・クリスチャンが有名)。エミール・ガレも自身の作品は、自社の工房を持つ1894年までマイゼンタールで制作を行いました。1901年より何度も体制がかわり、マイゼンタールのガラス工場自体は1969年まで続きました。

こちらのカタログはドリンキンググラスをメインとしたカタログです(工芸ガラスではありません)。今でもマイゼンタールのガラスはアンティークの市場でも意外と多く流通しています。

ページ番号を見ると抜けているページも多く感じますが、これはほとんどはもともとではないかと考えられます(番号の付け方が特殊です)。

【マイゼンタール / Verrerie de Meisenthal】
1711年創業。1824年からブルグン・シュヴェーラー社が経営。1870年の普仏戦争の敗北によりドイツ(プロイセン)へ割譲された地域にあった。19世紀末にはデジレ・クリスチャンが活躍し、エミール・ガレも働くなど、非常に優れた工芸ガラスを制作し、アール・ヌーヴォーを牽引した。1900年頃になるとその勢いが失われ、工芸製品は作られなくなり、1969年に活動停止。現在、跡地には美術館や文化施設があり、その作品や歴史を紹介しています。



ジャンルガラス製品
年代1927年(カタログ内に年号表記はございません)
白黒白黒
ページ数85ページ
言語フランス語
ファイル形式PDF(7MB)


※本体そのものではなく、デジタル化したPDFファイルの販売になります。
※研究のための資料としての販売です。転売、譲渡は禁止です。
※本体を痛ませないため、多少画像のゆがみ、ぶれ等がございます。ご了承ください。
※こちらのダウンロード販売商品は通常の商品と一緒に購入できません。別々にご注文ください。
※クレジットカード決済の場合は即時ダウンロード、その他の決済の場合は、入金確認後ダウンロードURLをメールで送信いたします。
※商品の性質上、返品はできません。ご了承ください。

  • マイゼンタール【Meisenthal】1927年 公式製品カタログ(デジタル資料)

マイゼンタール【Meisenthal】1927年 公式製品カタログ(デジタル資料)

660円(税込)

購入数

ジャンル別

発送日カレンダー

2021年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
赤色は発送お休みです。