西洋アンティーク | 東京 | 歴史と芸術のマリアージュ

西洋アンティークショップ 11th Avenue | 東京 | 通販

リヨン【Lyon】1907年 公式製品カタログ(デジタル資料)

330円(税込)

購入数
フランス、リヨンにあったクリスタルガラス工房のカタログです。

現在、全くと言っていいほどその情報が残っていない工房です。
フランス、オルセー美術館の記事によると、1834年に, François Bourdelの要求によってリヨンのラ・ギヨティエール(La Guillotière)に設立されたクリスタルガラス工場とされています。19世紀前半にクリスタルガラスを製造できた工房は限られるため、それなりに大きな工房だったと考えられます。実際1855年パリ万博では賞を受賞し、1862年ロンドン万博のときは、フランスで6番目の規模のクリスタルガラス工房でした。1884年にTh. Carré & Cieによりウラン(Oullins)で経営されるようになりました。こちらは1907年のカタログで、1909年まで使用されたものですが、その後は一切不明です(1930年前後にショワジー=ル=ロワと連名の資料があり、ショワジー=ル=ロワに買収された可能性があります)。

パリにも店舗を持っており、商品自体もバカラやサン・ルイのようなジブレの作品もあり、実力があった工房と考えれます。

ページ数は少なめです。


ジャンルガラス製品
年代1907年(〜1909年まで使用)
白黒白黒
ページ数11ページ
言語フランス語
ファイル形式PDF(3MB)


※本体そのものではなく、デジタル化したPDFファイルの販売になります。
※研究のための資料としての販売です。転売、譲渡は禁止です。
※本体を痛ませないため、多少画像のゆがみ、ぶれ等がございます。ご了承ください。
※こちらのダウンロード販売商品は通常の商品と一緒に購入できません。別々にご注文ください。
※クレジットカード決済の場合は即時ダウンロード、その他の決済の場合は、入金確認後ダウンロードURLをメールで送信いたします。
※商品の性質上、返品はできません。ご了承ください。

おすすめ商品