ボワイエ【フランス】花文プレート 1830年代頃

フランスアンティークのプレートです。

1800年代前半のパリにおいて有力絵付け工房の1つだったボワイエ(Boyer)のプレートです。
花絵が全体に手彩で描かれています。当時の綺麗な絵付けで、小さな花も雑に描かず、丁寧に描いているのがわかります。線も細く、色合いがくっきりと濃い存在感のある絵付けです。

【ボワイエ / Boyer】
ジャン・ピエール・フイエ(Jean Pierre Feuillet、1777年〜1840年)によってパリのラ・ペ通りに設立(1810年代)された工房を1834年にボワイエ(Boyer)が提携し引き継いだ工房。当時のパリでも有力工房の1つで、絵付けを専門に行い高い技術力があった。のちJacquesと協力するなど様々な業者と提携、最終的にPaul Blot et Hebertとなった。



年代1830年代〜1840年代頃
刻印Boyer Seur(Successeur) de Feuillet
状態コンディションb良好(製造時の傷、汚れが裏側にあり)
サイズ直径 24.5cm,

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。



プレート

ボワイエのプレート。絵付けの技術が高かった工房です。1800年代後半になるとボワイエに限らずパリの絵付け工房はプリント絵付けの台頭で一気に衰退していきます。



ボワイエはすでに有力工房だったフイエという工房を継いで活躍しました。

ボワイエ

  • ボワイエ【フランス】花文プレート 1830年代頃

ボワイエ【フランス】花文プレート 1830年代頃

15,400円(税込)

購入数

ジャンル別

発送日カレンダー

2020年10月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
赤色は発送お休みです。