西洋アンティーク | 東京 | 歴史と芸術のマリアージュ

西洋アンティークショップ 11th Avenue | 東京 | 通販

イギリス【アンティーク】ハノーヴァリアン 純銀製ティースプーン2本セット 1700年代半ば

13,200円(税込)

在庫状況 在庫0 売り切れ

イギリス18世紀のティースプーンです。

ハノーヴァリアン(1730年代〜1770年代、ハノーヴァー朝のはじまりに流行した形状)の古いスプーンです。
まだフランス銀器の影響が残っており、フランス式で裏が表とするスタイルで作られていた時代です。1750年代ごろよりオールドイングリッシュパターンが発展し、1770年代にはオールドイングリッシュパターンのほうが定番となりました。

現在のティースプーンよりは小柄ですが、当時の標準的な大きさです。まだイギリスでは磁器が発達途中の時代で、まだボーンチャイナもほとんど生産されていなく、一部の窯でしかカップやティーボウルも生産されていなかった時代で、これから紅茶の道具が発達し始めるころのお品です。この時代のティースプーンはライオンの刻印と、メーカーの刻印のみで、デイトレターやアッセイオフィスマークが押されないのが通例です。

純銀製(925/1000、スターリングシルバー)、メーカーは恐らくRichard Gosling(1730年代〜1750年代に活動)です。

2本セットです。


年代1740年代〜1750年代ごろ
刻印(ロンドンアッセイオフィス)スターリングシルバーの刻印、メーカーマーク
状態コンディションb良好
サイズ長さ 12cm
重量約32g(2本で)

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。



スプーン1

1700年代半ばの古いティースプーン。ハンドルの反りの向きが逆です。



ホールマーク。この時代のアッセイオフィスマークがないものはロンドンアッセイオフィスのもの(まだシェフィールドもバーミンガムもアッセイオフィスができていません)。

スプーン2

おすすめ商品