西洋アンティークのオンラインショップ | 東京 | ブロカントではない本物志向のアンティーク

日欧工芸史

主に当店で扱っているジャンルのアンティークからみた日欧の工芸史を辿ります。


年表

※(日)日本(英)イギリス(仏)フランス(独)ドイツ(墺)オーストリア(米)アメリカ(ボ)ボヘミア (西)スペイン

※日本は西洋アンティークに関わるものを記述しています

                
年代 陶磁器 ガラス 金工、ジュエリー
1610年代 (日)李参平が有田で白磁を焼く。
1615年 (英)燃料として木材禁止、石炭が使用される。
1616年 (仏)ダマゼールが融解窯の燃料に石炭を使用する。
1640年代 (日)色絵磁器が生産される。
1650年代 (日)東インド会社を通じヨーロッパへ磁器輸出開始。
1653年 (仏)ド・ネホウがノルマンディーにガラス工場を設立。
1660年代 (日)柿右衛門様式が生産される。 (ボ)カリガラスが開発される。
1665年 (仏)パリに王立鏡工場設立。
1671年 (英)クリスタルガラス生産される。
1675 (仏)ド・ネホウ、板ガラス鋳造法発明。
1678 (西)マドリッド王宮敷地内にヴェネチアガラス工房開窯。
1685年 (仏)ユグノー銀職人が各国へ亡命。
1690年 (仏)オディオ設立。
1697年 (英)ブリタニアシルバーが使用される。
1704年 (仏)マイゼンタール・ガラス工場設立。
1709年 (独)白磁の生産に成功。
1710年 (独)王立ザクセン磁器工場設立(マイセン)。
1711年 (仏)グライナー家が工房設立。
1712年 (ボ)アロイ・フォン・ハラハがガラス工場所有(ハラフ・ガラス工場)。
1713年 (英)ポール・ド・ラメリーが店を開店。
1716年 (英)ポール・ド・ラメリーがジョージ1世の職人に任命される。
1720年 (英)ブリタニア、スターリングともに銀の基準化される。
1720年代 (独)アウグスト王が「日本宮」を作る。
1727年 (西)スペイン王立ガラス工場設立。
1735年 (英)ガラード設立(George Wickesによる)。
1738年 (仏)セーヴルの前身ヴァンセンヌ窯が開窯。
1740年代 (英)チェルシーなどで軟質磁器が生産される。
1745年 (英)ガラス物品税法が施行。
1751年 (英)ウースターが開窯する。
1757年 (日)東インド会社への輸出を停止。
1758年 (独)ルードヴィヒスブルグ設立。
1759年 (英)ウェッジウッドが開窯する。
1760年代 (英)硬質磁器が生産される。
1761年 (仏)バカラ村にてガラス工場設立。
1763年 (独)フリードリッヒが製陶所を作らせる(KPM)。
1767年 (英)タウンゼント条例施行(ガラスなどへの課税)。(仏)サン・ルイ設立。
1780年 (仏)ショーメ創立。
1781年 (仏)サン・ルイがフランスで初めてクリスタルガラスを開発。
1784年 (英)銀製品などに課税される。
1792年 (英)ポール・ストールが制作を始める。
1793年 (英)ミントンが開窯する。
1796年 (仏)硬質磁器が生産される。
1797年 ランドル&ブリッジがジョージ3世に宝石、金細工を制作。
1799年 (英)スポードでボーンチャイナが製造される。
1802年 (仏)カルディヤック活動し始める。
1804年 (仏)ナポレオン即位にあたりオディオが王笏を制作する。
1806年 (伊)ムラノでガラス職人組合が解体。
1807年 (英)ポール・ストールがランドル&ブリッジの工房に加わる。
1816年 (仏)バカラでクリスタルガラス製造する。
1822年 (英)鉛ガラスへ課税が引き上げ。
1823年 (墺)ロブマイヤー設立。
1824年 (仏)国立セーヴル磁器製陶所となる。
1832年 (仏)ローネー・オタン・エ・カンパニー設立。
1836年 (英)ウィリアム・ベイトマンが職人組合理事長に就任。
(米)ティファニー設立。
1838年 (仏)ミネルヴァの刻印使用開始。
1842年 (英)意匠登録開始。
1843年 (英)ガラードがクラウンジュエラーとなる。
1845年 (英)ガラス物品税法が廃止。
1847年 (仏)カルティエ創立。
1850年代 (日)薩摩切子が制作される。
1851年 (英)ロンドン万国博覧会 (英)ロンドン万国博覧会 (英)ロンドン万国博覧会
1855年 (仏)パリ万国博覧会 (仏)パリ万国博覧会 (仏)パリ万国博覧会
1857年 (ボ)モーゼル設立。 (仏)ピュイフォルカ設立。
1858年 (英)マッピン&ウェッブ設立。
1859年 (伊)サルヴィアーティ工房設立。
1860年代 〜 1880年代 ジャポニスムの流行 ジャポニスムの流行 ジャポニスムの流行
1860年代 (日)薩摩焼など輸出が盛んに。 (仏)バカラがパリ商標登録の第一号を取得(1860年)。
1867年 (仏)パリ万国博覧会 (仏)パリ万国博覧会 (仏)パリ万国博覧会
1874年 (仏)エミール・ガレが制作を始める。
1875年 (英)リバティ商会設立。
1876年 (日)森村組(モリムラブラザーズ)設立。
1878年 (仏)パリ万国博覧会 (仏)パリ万国博覧会 (仏)パリ万国博覧会
1880年代 〜 1910年代  アール・ヌーヴォーの流行    アール・ヌーヴォーの流行  アール・ヌーヴォーの流行  
1885年 (日)高島北海フランスのナンシーへ (米)ティファニースタジオ設立。(仏)ラリックがアトリエを構える。
1886年 (独)基準の刻印が定められる。
1889年 (仏)パリ万国博覧会 (仏)パリ万国博覧会 (仏)パリ万国博覧会
1890年 (米)マッキンリー関税法施行。
1900年 (仏)パリ万国博覧会 (仏)パリ万国博覧会 (仏)パリ万国博覧会
1901年 (仏)ナンシー派設立。
(墺)ヨーゼフ・ホフマンなどがウィーン工房設立。
1904年 (日)日本陶器合名会社設立。 (仏)エミール・ガレ死去。
1920年代 〜 1940年代 アール・デコの流行 アール・デコの流行 アール・デコの流行
1922年 (仏)ラリック工場完成。
1925年 (仏)パリ万国博覧会 (仏)パリ万国博覧会 (仏)パリ万国博覧会
1932年 (仏)ラリックが日本の旧皇族朝香宮邸を手掛ける。

アンティークにおける時代区分

イギリス



フランス



ドイツ



万国博覧会

当時工芸品がどれほどの評価を得ていたのか、それを知る手がかりとして当時の万国博覧会を参考になります。特にジャポニスムやアール・ヌーヴォー、アール・デコといった芸術運動はパリ万博が きっかけでありその重要性はかなり高いです。万博での受賞は大変な名誉であり、グランプリや金メダルを受賞したメーカーはこぞってそれを宣伝しました。ここでは多く開催されたパリ万博の受賞者(受賞団体)をまとめていきます。本来は部門に分かれており、さらにその中でも細かく分類されていたと思われますが、わかるところだけ書いていきます。不確かなところもありますので、参考までにお願いします(制作中です)。


1855年パリ万国博覧会



1867年パリ万国博覧会



1878年パリ万国博覧会


メールマガジン

当店のメールマガジンです。月2回程の配信。お得な特典ありますので是非ご登録ください!


送料無料


当店の商品は全て在庫を持っての販売です。そのため、商品の全てがすぐに発送可能です。


当サイトは、SSL暗号化技術の採用により常時守られ、プライバシーは厳重に保護しておりますので安心してご利用下さい。


  発送日カレンダー

2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
赤色は発送お休みです。

アンティーク11th Avenue

当店ではガラスや銀器、陶磁器などを中心に西洋アンティークの販売・買取をしております。

【店舗のご案内】

〒103-0011

東京都中央区日本橋大伝馬町17-6リフレ日本橋7階

営業時間12時〜19時(水・木曜定休)


お問い合わせはメールにてお願いいたします。

お問い合わせまたはshop@antique11.comです。

080-3465-6216(直通)

(電話出れない場合あり)


【姉妹サイト】

Les Six Fleurs

ヴィンテージ・セレクトショップ Les Six Fleurs



Facebook


google+のページ

アンティークリング


このエントリーをはてなブックマークに追加

Top