西洋アンティークのオンラインショップ | 東京

フランス銀製品(シルバー)の工房ホールマーク(刻印)

フランスの工房を示すホールマークは1797年以降、菱形の刻印が使われています。シルバープレートのものには四角の刻印が使われる場合が多いです。

フランスの銀製品には通常、銀を証明する刻印(ミネルヴァなど)と工房の刻印の2つが押されます。

ここでは純銀(シルバー)のものを中心に紹介します。


フランス銀製品の商品ページはこちらです。


A

Cardeilhac 1904年〜1920年

フランスでも有力であったオルフェーヴルとして知られる。1802年(1804年とも),Vital-Antoine Cardeilhacがパリに移住し制作を始めた。最初の刻印が登録されたのは1817年であった。息子のArmand-Edouard Cardeilhacは1851年に引き継ぎ、「E.C」の刻印が使用された。1885年にはErnest Cardeilhacによって引き継がれ、1904年まで「E.C」の刻印が使用された。1904年にAmelieが引き継ぎ、「A.C」刻印も合わせて登録し、1920年まで使用された。その後は息子のJacquesとPierreによって1951年にクリストフルに買収されるまで続いた。カルディヤックは優れた作品を多く残し、1878年のパリ万博では6個の金賞を受賞するなど輝かしいこ功績を残したフランスを代表する工房であった。


※カルディヤックについてはArmand-EdouardとErnestの両名の情報が雑然としており、正しい情報が不明瞭である。例えば代表的な参考書である『French Silver Cutlery』ではErnestは紹介されておらず、1904年までArmand-Edouardが活動していたとなっている。



Albert Deflon

ALbert Deflon 1907年〜1920年

Gabert&Conreauの工房を引き継ぐ。※Henri Gabert参照



Alphonse Debain

Alphonse Dabain 1883年〜1911年

銀工房を営むAlphonse-Edouard Debainの息子として生まれ、Phillippe Berthier工房(1841年創業)に入り成功を収める。1883年より自身の名にて活動、1889年パリ万博では金賞受賞、1900年パリ万博では審査員を務めるなどその名を高めていった。1911年まで活動。


※Debain工房

Francois-Alphonse Debainが1846年頃より活動。1864年に息子のAlphonse-Edouard DebainとLouis-Frederic Flamantに引き継がれた(Debain & Flamant、1864年〜1800年)。その後、会社はFlamantが相続し、Flamant & Filsとして活動した(〜1891年)。


非常に似たマークでAlphonse Dutac工房がある。同じように鳥が真ん中にデザインされているが、首の長さが短い。



Crossard et Dogit

Crosard et Dogit 1920年〜1931年頃
「ARD」の刻印。 



C

Charles Barrier

Charles Brrier 1905年〜1923年

1905年7月28に登録。カトラリーやガラスのマウントなどを制作した。



E

Edmond Molle

edmond molle 1898年〜1919年

銀食器など優れた製品を製造した。前身はAlexandre Tortez(1891〜1898)。


emile puiforcat ピュイフォルカ 1857年〜
フランスだけでなく世界最高のブランドとして現在も君臨しているオルフェーヴル。
Emile Puiforcatによって1820年創業された。 この刻印が登録されたのは1857年11月3日である。Emileは1883年に死去したが、この刻印は使用し続けた。20世紀からトップクラスの実力をずっと維持おり、日本でも馴染みのあるブランドである。


Eusebe Callot

Eusebe Callot 1847年〜1865年
1835年に最初の刻印を登録している。この刻印は1847年に登録された。他にもいくつかの刻印を使用している。


H

Henin&Cie

Henin&Cie 1896年〜1910年

前身はHenin&Vivier。

1861年、Thomas&Heninが最初の刻印を登録(〜1865年)。優れた銀食器を製造する。1865年、Henin&Freresによって引き継がれる(〜1872)。1872年より、Henin&Filsとなり銀食器を製造し続ける(〜1875)。1875年、Henin&Cieとなり成功を収める。1891年、Henin&Vivierとなり、その後再びHenin&Cieと名乗る(1896年)。



Henri Lapeyre

Henri Lapeyre 1895年〜1923年

Pierre Gavard(1836年〜1895年)の工房を継ぐ。



Henri Gabert

Henri Gabert 1882年〜1901年
1879年、Edouard ErnieとHenri Gabertが活動を始めた。1882年まで活動したのち、Henri Gabertは自身で活動を始めた。この刻印は1901年まで使用され、1901年からはGabert&Conreauとして1906年まで活動。この工房はAlbert Deflonに引き継がれ、その後も活躍した。


Henin&Vivier

Henin&Vivier 1891年〜1896年
1896年よりHenin&Cieとなる。


J

François Pamphile JOZAN

1836年〜1847年

François Pamphile JOZANはオルレアン朝に活躍した工房。細かな細工を施した製品を製造した。


L

Louis-Alexandre Bruneau

Louis-Alexandre Bruneau 1843年〜

Louis-Alexandre Bruneauは1823年,1834年,1843年と3つの刻印を登録しており、1820年代には活動していた。カトラリーも制作したが、シールなどの文房具にも力を注いぎ、優れた製品を制作した。



Labat&Pugibert

Labat&Pugibert 1877年〜1897年

1877年より活動。「L'Escalier de Cristal」(1804年に創業し、エミール・ガレやウジェーヌ・ルソーといった一流の工芸家の作品を扱った高級小売店)に多く商品を納めた。1897年からはFrancois Labatと名前を変え、1920年まで続いた。



O

odiot 1826年〜1894年

日本では馴染みが少ないが、フランスでは最高格、最重要のオルフェーヴルである。1690年創業。1797年、Jean-Claude Odiotによって刻印が登録される(〜1809)。1809年に、その息子が同じ名で登録をする(〜1826)。1826年、Charles-Nicolas Odiotによりこの刻印が登録される。1865年、Gustave Odiotが引き継ぎ1894年まで刻印は使用された。1894年から1906年の間は"PR Cie"のマークが使用された。1906年から1956年までは"O Bs"の刻印が使用された。 ナポレオン専属の銀職人もオディオから輩出されるなど格式が非常に高い。



P

Philippe Berthier

Philippe Berthier 1847年〜

1841年から1845年までは異なる刻印を使用。この刻印は1847年と1851年の2度にわたって登録をされている。Alphonse Debainが働いており、のちに買収され引き継がれた(Alphonse Debainが自身の刻印を使用し始めたのは1883年から)。


Pierre Gavard

Pierre Gavard 1886年〜1895年


R

Ravinet d'Enfert

Ravinet d'Enfert 1891年〜1912年

工房自体は1845年に設立された。Louis Ravinetが1882年に工房を買収、1891年にCharles d'EnfertとともにRavinet d'Enfertとして創業。1897年ブリュッセル万博では金賞を受賞。1912年にRavinet&Cieへと変更した。



Robert Linzeler(Linzeler&Cie)

Robert Linzeler 1897年〜1926年

1870年代には活動をしていた。ジュエリー、時計、銀食器などを製造。1899年のパリ万国博覧会で前評判が低かったにも関わらず、カトラリー部門と銀食器部門で金賞を受賞する。続く1900年の博覧会でも銀食器部門で金賞を受賞するなど目覚ましい活躍をし、評価を上げた。



V
  

Victor Boivin

 Victor Boivin 1897年〜

Victor Boivinの父Jules Boivinから工房を引き継ぐ。父は1862年より小さな銀食器を優れた技術で制作していた。Victorがこの刻印を使用するようになったのは1897年からだが、それ以前から活動はしていた。Bovin家は高い評価を得ており、国際博覧会にて多くの賞を受賞した。

※年代等については不明確なところもあり、あくあでも参考となります。新しい情報やご意見ございましたら、お待ちしております。

フランス銀製品の商品ページはこちらです。


参考文献
『French Silver Cutlery』(Allan David/Faton/2007)
『Les poincons francais d'Or, d'Argent et de Platine de 1275 A nos jours』(Yves Markezana/Editions Vial/2005)
『Poincons d'argent』(Tardy/Editions r?・gionales de l'Ouest/2004)

メールマガジン

当店のメールマガジンです。月2回程の配信。お得な特典ありますので是非ご登録ください!


送料無料


当店の商品は全て在庫を持っての販売です。そのため、商品の全てがすぐに発送可能です。


当サイトは、SSL暗号化技術の採用により常時守られ、プライバシーは厳重に保護しておりますので安心してご利用下さい。


  発送日カレンダー

2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
赤色は発送お休みです。

アンティーク11th Avenue

当店ではガラスや銀器、陶磁器などを中心に西洋アンティークの販売・買取をしております。

【店舗のご案内】

アンティークモール銀座B1階

〒104-0061

東京都中央区銀座1-13-1

営業時間11時〜19時

(水曜定休)


お問い合わせはメールにてお願いいたします。

お問い合わせまたはshop@antique11.comです。

080-3465-6216(直通)

平日11:00-17:00

(電話出れない場合あり)



Facebook


google+のページ

アンティークリング


このエントリーをはてなブックマークに追加

Top