フランス銀製品(シルバー)の工房ホールマーク(刻印)

フランスの工房を示すホールマークは1797年以降、菱形の刻印が使われています。シルバープレートのものには四角の刻印が使われる場合が多いです。

フランスの銀製品には通常、銀を証明する刻印(ミネルヴァなど)と工房の刻印の2つが押されます。

ここでは純銀(シルバー)のものを中心に紹介します。書いてある年号はあくまでも刻印の登録年によるものです(実際の活動年と異なることは多々あります)。

フランス銀製品の商品ページはこちらです。

A

Cardeilhac

1904年〜1920年

フランスでも有力であったオルフェーヴルとして知られる。1802年(1804年とも),Vital-Antoine Cardeilhacがパリに移住し制作を始めた。最初の刻印が登録されたのは1817年であった。息子のArmand-Edouard Cardeilhacは1851年に引き継ぎ、1885年にはErnest Cardeilhac(1851-1904)によって引き継がれ、1904年まで「E.C」の刻印が使用された。Ernestは大きな成功を収め、特にアール・ヌーヴォー期にはLucien Bonvalletと協力し、セーヴルやエミール・ガレのマウントなどを制作し、ヌーヴォーを代表する工芸家として活躍した。1904年にAmelieが引き継ぎ、「A.C」刻印も合わせて登録し、1920年まで使用された。その後は息子のJacquesとPierreによって1951年にクリストフルに買収されるまで続いた。カルディヤックは優れた作品を多く残し、1878年のパリ万博では6個の金賞を受賞するなど輝かしいこ功績を残したフランスを代表する工房であった。

Albert Deflon

ALbert Deflon

1907年〜1920年

Gabert&Conreauの工房を引き継ぐ。※Henri Gabert参照

Alphonse Debain

Alphonse Dabain

1883年〜1911年

銀工房を営むAlphonse-Edouard Debainの息子として生まれ、Phillippe Berthier工房(1841年創業)に入り成功を収める。1883年より自身の名にて活動、1889年パリ万博では金賞受賞、1900年パリ万博では審査員を務めるなどその名を高めていった。1911年まで活動。

※Debain工房

Francois-Alphonse Debainが1846年頃より活動。1864年に息子のAlphonse-Edouard DebainとLouis-Frederic Flamantに引き継がれた(Debain & Flamant、1864年〜1800年)。その後、会社はFlamantが相続し、Flamant & Filsとして活動した(〜1891年)。

非常に似たマークでAlphonse Dutac工房がある。同じように鳥が真ん中にデザインされているが、首の長さが短い。

Crossard et Dogit

Crosard et Dogit

1920年〜1931年頃

「ARD」の刻印。 

Alexandre Tortez

Alexandre Tortez

1891年〜1898年

A.TORTEZの刻印。1898年にEdmond Molleに引き継がれた。

Antoine-Adrien Vautrin

Antoine-Adrien Vautrin

1824-1844年

のちに有力工房となるVictor Boivinへとつながる工房。1844年から1859年にNicolas Vautrin、そしてその後Victor Boivinの父親であるJules Boivinへと渡った。

C

Charles Barrier

Charles Brrier

1905年〜1923年

1905年7月28に登録。カトラリーやガラスのマウントなどを制作した。

Louis-Patient Cottat

Louis-Patient Cottat

1838年〜1865年

1806年に生まれる。1831年よりパリのシテ島にて活動、スプーンの製造に特化し1866年まで活動、息子の Henri Charles Louis Cottatに引き継がれ1876年まで続いた。

E

Ernest Eschwege

Ernest Eschwege

1900年代初頭

Edmond Molle

edmond molle

1898年〜1919年

銀食器など優れた製品を製造した。前身はAlexandre Tortez(1891〜1898)。

emile puiforcat ピュイフォルカ

1857年〜

フランスだけでなく世界最高のブランドとして現在も君臨しているオルフェーヴル。 Emile Puiforcatによって1820年創業された。 この刻印が登録されたのは1857年11月3日である。Emileは1883年に死去したが、この刻印は使用し続けた。現在はエルメスの傘下にある。

Ernest Prost

Ernest Prost

1900年代前半

Eusebe Callot

Eusebe Callot

1847年〜1865年

1835年に最初の刻印を登録している。この刻印は1847年に登録された。他にもいくつかの刻印を使用している。

G

Gabert & Conreau

Gabert & Conreau

1901年〜1906年

1882年より活動していたHenry GabertがH.Conreauとともに1901年に開いた工房で、1906年まで続いた。工房はAlbert Deflonに引き継がれた。

Gustave Marmuse

Gustave Marmuse

1868年〜

19世紀の有力工房。ナイフ制作で有力だったCamille Pagéと協力した制作も行い、1889年や1900年のパリ万博では審査員を務めた。

H

Henin&Cie

Henin&Cie

1896年〜1910年

前身はHenin&Vivier。

1861年、Thomas&Heninが最初の刻印を登録(〜1865年)。優れた銀食器を製造する。1865年、Henin&Freresによって引き継がれる(〜1872)。1872年より、Henin&Filsとなり銀食器を製造し続ける(〜1875)。1875年、Henin&Cieとなり成功を収める。1891年、Henin&Vivierとなり、その後再びHenin&Cieと名乗る(1896年)。

Henri Lapeyre

Henri Lapeyre

1895年〜1923年

Pierre Gavard(1836年〜1895年)の工房を継ぐ。

Henri Gabert

Henri Gabert

1882年〜1901年

1879年、Edouard ErnieとHenri Gabertが活動を始めた。1882年まで活動したのち、Henri Gabertは自身で活動を始めた。この刻印は1901年まで使用され、1901年からはGabert&Conreauとして1906年まで活動。この工房はAlbert Deflonに引き継がれ、その後も活躍した。

Henri Soufflot

Henri Soufflot

1884年〜1910年

Henri Chenailler工房(1864〜1884)年にて成功を収め、1884年より工房を引き継ぎ自身にて活動。1910年にSoufflot & Cieとなったが同年にOlier & Caronによって買収された(〜1936年)。

Henin&Vivier

Henin&Vivier

1891年〜1896年

1896年よりHenin&Cieとなる。

J

François-Julian Doyan

Doyan

1852年〜1870年

François Pamphile JOZAN

jozan

1836年〜1847年

François Pamphile JOZANはオルレアン朝に活躍した工房。細かな細工を施した製品を製造した。

Jean-Baptiste Dreyer

Jean-Baptiste Dreyer

1849年〜

19世紀半ばに活動。

L

Louis-Alexandre Bruneau

Louis-Alexandre Bruneau

1843年〜

Louis-Alexandre Bruneauは1823年,1834年,1843年と3つの刻印を登録しており、1820年代には活動していた。カトラリーも制作したが、シールなどの文房具にも力を注いぎ、優れた製品を制作した。

Louis Coignet

Louis Coignet

1889年〜1928年

工房自体はLouisの親であるCharles-Alfred Coignetが1865年に開業(Coignet & Cie)。そこでLouisが活躍、1889年にLouis自身の刻印を登録した。1893年に制作場所を変更、1928年まで活動した(Coignet & Fils)。1905年のリエージュ万国博覧会で銀賞を受賞。

Leon Lambert

<Leon lambert

1881年〜1904年

Labat&Pugibert

Labat&Pugibert

1877年〜1897年

1877年より活動。「L'Escalier de Cristal」(1804年に創業し、エミール・ガレやウジェーヌ・ルソーといった一流の工芸家の作品を扱った高級小売店)に多く商品を納めた。1897年からはFrancois Labatと名前を変え、1920年まで続いた。

M

Theodore Manteau

malique

1875年〜

宝石商。

Felix Marique

malique

1872年〜1897年

1872年創業で、宝石商として現在まで続いている。

O

odiot
1906年〜1956年

odiot2

1956年〜

1690年創業。1797年、Jean-Claude Odiotによって刻印が登録される(〜1809)。1809年に、その息子が同じ名で登録をする(〜1826)。1826年、Charles-Nicolas Odiotによりこの刻印が登録される。1865年、Gustave Odiotが引き継ぎ1894年まで刻印は使用された。1894年から1906年の間は"PR Cie"のマークが使用された。1906年から1956年までは"O Bs"の刻印が使用された。 ナポレオン専属の銀職人もオディオから輩出されるなど格式が非常に高く、現在も続く。

P

Philippe Berthier

berthier

1847年〜

1841年から1845年までは異なる刻印を使用。この刻印は1847年と1851年の2度にわたって登録をされている。Alphonse Debainが働いており、のちに買収され引き継がれた(Alphonse Debainが自身の刻印を使用し始めたのは1883年から)。

Pierre Gavard

Pierre Gavard

1886年〜1895年

Pierre Lagu

Pierre Lagu

18世紀末

R

Ravinet d'Enfert

Ravinet d'Enfert

1891年〜1912年

工房自体は1845年に設立された。Louis Ravinetが1882年に工房を買収、1891年にCharles d'EnfertとともにRavinet d'Enfertとして創業。1897年ブリュッセル万博では金賞を受賞。1912年にRavinet&Cieへと変更した。

Robert Linzeler(Linzeler&Cie)

Robert Linzeler

1897年〜1926年

1872年生まれ。1897年、Leroy&Cieの著名な金銀細工師であるジュール・ピオー(Jules Piault)の事業を買収しスタートする。優れた技術を伴い、品質の高い製品を製造した。1900年のパリ万博では金賞を受賞。その後カルティエのサプライヤーとしても活躍し多くの名品を納め、さらに1925年のパリ万博では宝石商としてグランプリを受賞した。カルティエはロベールを長年支えていたが、経済的困難から1932年にカルティエに事業が引き継がれた。1941年死去。

V

Victor Boivin

Victor Boivin

1897年〜

Victor Boivinの父Jules Boivinから工房を引き継ぐ。父は1862年より小さな銀食器を優れた技術で制作していた。Victorがこの刻印を使用するようになったのは1897年からだが、それ以前から活動はしていた。Bovin家は高い評価を得ており、国際博覧会にて多くの賞を受賞した。兄弟には著名なジュエラーであるLouis Boivinがいる。

※年代等については不明確なところもあり、あくあでも参考となります。新しい情報やご意見ございましたら、お待ちしております。

フランス銀製品の商品ページはこちらです。

>参考文献

『French Silver Cutlery』(Allan David/Faton/2007)

『Poincons d'argent』(Tardy/Editions r?・gionales de l'Ouest/2004)

など

ジャンル別

発送日カレンダー

2020年10月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
赤色は発送お休みです。