西洋アンティークのオンラインショップ | 東京

イギリス磁器ブランドとマーク

イギリスの磁器ブランドとマークをご紹介します。


イギリス磁器のはじまり


17世紀、中国や日本の磁器が海を渡りヨーロッパに渡って行きました。東洋の磁器は、磁器生産がほとんどされていなかったヨーロッパに衝撃を与え、東洋の磁器はヨーロッパの貴族や王侯の憧れとなりました。そして、ヨーロッパでは磁器の開発へと着手します。最初に開発をしたのがドイツ(ザクセン)のベドガーでした。ベドガーはアウグスト王の命を受け、硬質白磁の開発に成功しました。そして、これが世界屈指の名窯であるマイセン窯の始まりともなりました。 イギリスでは1740年頃にチェルシー窯やボウ窯にて磁器が製造されました。それは硬質磁器ではなく、軟質磁器でした。しかし、チェルシー窯は1784年、ボウ窯は1776年にそれぞれ廃窯となります。 その他、1760年代にプリマス窯はカオリンを使用して硬質磁器を製作しました。 その後、スポードやミントン、ウェッジウッドなどスタッフォードシャーを中心にイギリスの陶磁器は発展していきました。1799年にはスポードがボーンチャイナの製品化に成功し、ウェッジウッドでもボーンチャイナの製造に成功するなど、イギリス陶磁器はボーンチャイナなくしては発展しえませんでした。ボーンチャイナ(BONE CHINA)とは原料に牛のボーンアッシュ(BONE ASH、骨灰)を加えたもので、透光性があるのが特徴です。 イギリス初期の陶磁器は窯印がないことが多く、あったとしても同様のマークを複数のメーカーが使用しているなど、マークのみからの特定は困難です。18世紀や19世紀前半のアンティークのものは素地の材質や絵付けの具合などを判断の材料とします。


ボウ&ブリストル


レジストリーマーク

イギリスでは意匠登録制度が発達しており、登録されたものはレジストリーマークが刻印されています。

イギリスレジストリーマーク一覧(PDFファイル)


エインズレイ / AYNSLEY

1775年にジョン・エインズレイがロングトンにて開業。息子のジョンエインズレイ2世が会社を繁栄させることに成功し、1886年にはロングトンの市長になる。1931年にはメリー女王へカップ&ソーサーを献上し、現在にも続くイギリスを代表するブランドの一つである。


1775年 ジョン・エインズレイ(John Aynsley)がロングトン(Longton)にて開業。

1861年 ファインボーンチャイナの製作のため新工場を設立。

1864年 JOHN AYNSLEY&SONS(LTD.)設立。

1886年 ジョン・エインズレイ2世はロングトンの市長となる。(〜1890年)

1896年 ヴィクトリア女王の在位60年記念の作品を製作。

1931年 チューリップシェイプのカップ&ソーサーを製作。メリー女王に献上される。


エインズレイ

スポード、コープランド / Spode,Copeland

1770年、ジョサイア・スポードが開業する。その後、ジョサイア・スポード2世が引き継ぎ、ボーンチャイナの開発を試みる。1833年、W.T.コープランドとトーマス・マーガレットが買収する。その後、W.T.コープランドが単独でオーナーとなる。イギリスでも古いメーカーの一つであり、金彩技術やジュール打ちの技術なども発展し優れた製品を多く製造した。



コールポート / Coalport

イギリスの陶磁器メーカー。1790年代にジョン・ローズが開窯。
19世紀に入ると高い装飾技術により評価を受けるようになる。ジュール打ちや柔らかいタッチの風景画などは名高い。


1795年頃 ジョン・ローズ(John Rose)が開業(John Rose&Co.)。 1820年 芸術協会の金賞を受ける。

1841年 ジョン・ローズが死去。経営は甥のウィリアム・ローズ(William Rose)とウィリアム・ピュー(William Pugh)に移る。

1885年 ピーター・ブラ ッフ(Peter S.Bruff)に買収される。

1924年 コウルドンに買収される。

1926年 工場閉鎖、コウルドン工場に統合。

1967年 ウェッジウッドグループに入る。


コールポート

1751年創業の歴史ある陶磁器メーカー。医師のジョン・ウォール(John Wall)とウィリアム・デイヴィス(William Davis)によって設立される。1783年にトーマス・フライト(thomas Flight)によって買収、1786年にはチェンバレン(Chamberlain)が独立、1789年にはロイヤルの称号を得る。1793年にマーティン・バー(Martin barr)が加わる。1840年、独立していたチェンバレンによって買収される。1852年にW.H.カー(Kerr)とR.W.Binns(ビンズ)によってチェンバレンが買収され、1862年ロイヤル・ウースター(Worcester Royal POrcelain Company Limited)と名称を変更する。1878年パリ万博にて金賞を受賞、その後もグレンジャーなどの工房を合併し成長していった。 常に優れた製品を製造し続け、ジャポニスム期には強い影響を受けた。また、絵付けのレベルは非常に高く、絵付けと焼成を6回繰り返すペインテッドフルーツはウースターの最高級品として知られる。

ロイヤルウースター
1860年代より年代別のマークが用いられる。マークの王冠付の球の周りに何が書かれているかを見る。1867年から1890年の例↓

A=1867 B=1868 C=1869 D=1870 E=1871 G=1872 H=1873 I=1874

K=1875 L=1876 M=1877 N=1878 P=1879 R=1880 S=1881 T=1882

U=1883 V=1884 W=1885 X=1886 Y=1887 Z=1888 O=1889 a=1890 となる。

※1862年〜1875年はアルファベットではなく製造した年の下2桁が書かかれることもある。

※1891年以降は球の周りに"ROYAL WORCESTER""ENGLAND"の文字と点が付く。その点の数によって年代をみていく。点が多ければ多いほど新しいものである。


【ロイヤル・ウースター時代区分】

1751 - 1776 ドクター・ウォール期(Dr.Wall、ファーストピリオドとも)

1776 - 1783 デイヴィス期(Davis)

1783 - 1793 フライト期(Flight)

1793 - 1804 フライト&バー期(Flight&Barr)

1804 - 1813 バー、フライト&バー期(Barr,Flight&Barr)

1813 - 1840 フライト、バー&バー期(Flight,Barr&Barr)

1840 - 1852 チェンバレン(Chamberlain)※チェンバレンは1783年に独立、1840年本家ウースターを買収した)

1852 - 1862 カー&ビンズ期(Kerr & Binns)

1862 - ロイヤル・ウースター(Royal Worcester)


当店のロイヤル・ウースター商品一覧

ミントン / MINTONS

1790年代にトーマス・ミントンがストーク・オン・トレントに開窯する。19世紀後半には、イギリスで最高ともいわれるエッチング金彩(アシッド・ゴールド)の技法で最も装飾に優れたメーカーとして地位を確立させる。

ミントンブルーと呼ばれる綺麗な水色の装飾は日本でも人気が高い。


1793年 ストークオントレントにトーマス・ミントン(Thomas Minton)が工場を建てる。

1798年 ボーンチャイナの生産に成功。

1817年 Minton&Sonsとなる。

1836年 Minton&Boyleに改称する(~1841)。

1845年 Minton&Hollinsに改称する。

1849年 Minton&Co.に改称する(~1873)。

1851年 ロンドン万博で高評価を得る。その後、ヴィクトリア女王の賞賛をうける。

1863年 アシッドゴールドを開発、特許を取得する。


 ミントン

コールドン / Cauldon

現在では知られていないが、アンティークではイギリス磁器を代表するメーカーの一つである。創業は1802年頃ジョブ・リッジウェイによって開業、1862年よりブラウン・ウエストヘッド・ムーア社となる。コールドン社と名乗るようになったのは1905年からである。

1802年頃 ジョブ・リッジウェイ(Job Ridgway)が「CAULDON WORKS」という磁器工場を設立。

1808年頃 息子が経営に加わり、JOB RIDGWAY&SONSと改称。

1814年 ジョブが死亡。JOHN&WILLIM RIDGWAYと改称。

1830年頃 JOHN RIDGWAY と改称(1841年〜JOHN RIDGWAY&Co.)。

1856年 ベイツ(Bates)が経営に加わる。JOHN RIDGWAY BATES&Co.となる。

1858年 ジョンが引退。BATES,BROWN-WESHEAD-MOORE&Coとなる。

1862年 ベイツが共同経営から外れる。BROWN-WESHEAD-MOORE&Coとなる。

1905年 CAULDON,LTD.となる。

1920年 CAULDON POTTERIES,LTD.となる。

1962年 POUNTNEY&CO.LTD.に買収される。


コールドン

ロイヤル・ドルトン / Royal Doulton

1815年にジョン・ドルトン(John Doulton)らががランベスに開窯する(Jones, Watts & Doulton)。1820年にDoulton&Watts、1853年にDoulton&Coとなる。会社は2代目ヘンリー・ドルトンによって成功し、1877年にバースレムに新しい窯を設け、1882年以降ドルトンは磁器も制作するようになる。1901年に王室御用達(ロイヤル・ワラント)となる。1971年、ロイヤル・クラウンダービーなどを保有していたS. Pearson & Son Ltdによって買収され、その結果Royal Doulton Tableware Ltdとしてその傘下にロイヤル・ドルトン、ミントン、ロイヤル・アルバート、ロイヤル・クラウンダービー、パラゴンなどが入る大きなグループとなった。


 ロイヤルドルトン

イギリスアンティークの商品ページへ


アンティークショップ11thAvenue トップページへ


アンティークの知識へ


ここで紹介したのはごく一部で、実際にはここで紹介した以外にも多くのマークが使われております。また、マークの年代には諸説あるものもあり、あくまでも参考としてご覧ください。マークについてご質問等あれば、「お問い合わせ」よりご連絡ください。

参考文献
『Encyclopedia Of British Pottery And Porcelain Marks』(Geoffrey A Godden/ Barrie & Jenkins/1987)
『Kovels' Dictionary of Marks Pottery And Porcelain: 1650 to 1850』(Ralph Kovel、Terry Kovel/Random House Reference/1995)
『Kovels' New Dictionary of Marks: Pottery and Porcelain 1850 to Present』(Ralph Kovel、Terry Kovel/1986)
『Spode-Copeland-Spode The Works and Its People 1770-1970』(Vega Wilkinson/Antique Collectors Club Ltd/2002)
『MINTON』(Joan Jones/Swan Hill Press/1993)
『Coalport 1795-1926』(Michael Messenger/ACC Art Books/1995)
『ヨーロッパ アンティーク・カップ銘鑑』(和田泰志/実業之日本社/1996)
『アンティーク・カップ&ソウサー』(和田泰志/講談社/2006)

メールマガジン

当店のメールマガジンです。月2回程の配信。お得な特典ありますので是非ご登録ください!


送料無料


当店の商品は全て在庫を持っての販売です。そのため、商品の全てがすぐに発送可能です。


当サイトは、SSL暗号化技術の採用により常時守られ、プライバシーは厳重に保護しておりますので安心してご利用下さい。


  発送日カレンダー

2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
赤色は発送お休みです。

アンティーク11th Avenue

当店ではガラスや銀器、陶磁器などを中心に西洋アンティークの販売・買取をしております。

【店舗のご案内】

アンティークモール銀座B1階

〒104-0061

東京都中央区銀座1-13-1

営業時間11時〜19時

(水曜定休)


お問い合わせはメールにてお願いいたします。

お問い合わせまたはshop@antique11.comです。

080-3465-6216(直通)

平日11:00-17:00

(電話出れない場合あり)



Facebook


google+のページ

アンティークリング


このエントリーをはてなブックマークに追加

Top