西洋アンティークのオンラインショップ | 東京 | 本物志向のアンティーク

フランス磁器ブランドとマーク

フランスの磁器ブランドとそのマークをご紹介


シャンティイ / Chantilly

東洋磁器に熱中していたルイ4世アンリ・ド・ブルボン=コンデによって設立。サン・クルー窯で磁器を勉強したシケール・シルー(Cicaire Cirou)を招聘し、磁器製造の勅許を与え、軟質磁器の製造を始めた。極秘の軟質磁器の手法により、日本や中国の磁器、特に濁手の柿右衛門様式の精巧な写しを製造した。この品質は非常に高く、マイセンを凌ぐほどで非常に高い評価を得ていた。初期の頃から働いていたデュボワ兄弟(Robert & Gilles Dubois)はこの極秘の製法を盗み出し、王室主導の下ヴァンセンヌ窯が設立した(のちのセーヴル)。ヴァンセンヌ窯が発展すると逆にその技術者を取り入れ、ロココのデザインなどを制作した。その後はシンプルな染付など簡素なデザインとなっていった。1792年、英国人のクリストファー・ポッター(Christopher Potter)に譲渡した。


セーヴル(セーブル) / Sevres

1738年、デュボワ兄弟によりヴァンサンヌ窯が開かれる。これがセーヴル窯の前身であり、1756年にポンパドール夫人の庇護の下、セーヴルへと移転し、その後王立セーヴル製陶所となる。もともとはマイセンを目指していたが、一流の技術者たちにより瞬く間にヨーロッパでも随一の磁器ブランドとなった。セーヴルブルーと呼ばれる美しい色合いは他の追随を許さないほど美しいものである。18世紀のころは軟質磁器がほとんどであったが、19世紀に入ると硬質磁器へと移行された。現在でも国家のために優れた作品を製造している。

セーヴルは大変高価なものであり、そのため偽物も多く造られてきた。出来の悪いものが多いが、中にはかなり優れた偽物もある。また、セーヴル自体が多種多様なマークを使用していたため、真贋の判断はプロでもかなり難しいものである。18世紀のセーヴルと書かれたものをよく見かけるがまず偽物である。

セーヴル
焼成年度が1880年、装飾年度が1881年のマーク。焼成と装飾は全く別で行われる。カップ&ソーサーの場合、カップとソーサーで焼成年度が異なる場合もあるが、装飾年度は一緒が基本である。セーヴルは素地だけや金彩のみの単純な装飾だけで出回るものもあるので、装飾だけがオリジナルではないものも多い。

セーヴル年代別サイン

セーヴル初期の年代別のサイン

この時代の本物のセーヴルが日本で出回ることはまずない。見かけて出来が良くてもまず偽物と疑ってかかるべきである。



【セーヴルの贋作】

・天使のデザイン

セーブル偽物

典型的なセーヴルの贋作。1844年〜1847年のマークがたいてい押されている(1844と1866が多い)。よく見ると絵は雑であり、色も悪い。フランス国外、特にアメリカで多く流通している。

セーヴルの贋作の中には非常に豪華な装飾で出来が良いものも多く、現代では、それらはセーヴルスタイル(セーヴル風)として一定の評価は得られている。本物のセーヴルを見分けるにはとにかく博物館で本物をみることに限る。また古い上手の品であれば出自がしっかりしていることがほとんどである。



パリ窯 / Old Paris

18世紀からセーヴルの影響を受け、多くの工房ができた。パリ窯とは特定の窯の名前ではなく、パリやその近辺にあった工房をまとめてパリ窯と呼ばれている。というのも、古いパリ窯の作品はほぼ窯印がないため、まとめてパリ窯と呼ばれるようになった。ただし、ナストやダゴティのように古いパリ窯は非常に高い評価を得ている窯もいくつかあり、一概にパリ窯とまとめる傾向はあまりよくないといえる。出来の良し悪しは様々で、セーヴル同等以上と評価を受ける窯もあり高値で取引される一方、セーヴルの偽物も多く作られた事実もある。


・ナスト / Nast

パリの中でも最重要工房の一つ。1784年頃、Jean Hermann Nastによって開窯。1835年まで続く。


・コント・ダルトワ / Comte d'Artois

1772年、アノン(Pierre Antoine Hannong)により開業。1784年に色絵の生産を許可された窯の1つ。1779年、ルイ16世の弟でのちシャルル10世になるアルトワ伯に庇護されたため「アルトワ伯工房(Comte d'Artois)」と称した。


・クィーン / Queen

ティル通り(Rue Thiroux)にあった工房。1776年、アンドレ・アリー・レベフ(Andre Marie Lebeuf)により開窯。1784年に色絵の生産を許可された窯の1つ。マリー・アントワネットの庇護を受け「女王の工房(Queen)」と称した。


・ディール / Dihl(デュク・ダングレーム / Duc d'Angouleme)

ボンディ通り(Rue de Bondy)にあった工房。1781年にクリストフ・ディール(Christophe Dihl)によって開窯。1784年に色絵の生産を許可された窯の1つ。アングレーム公爵の庇護を受け「アングレーム公爵の工房(Duc d'Angouleme)」と称した。

・デュク・ドルレアン / Duc d'Orlean

(Rue des Boules、Rue Amelot)にあった工房。ルイ・オノレ・デラメール(Louis Honore Delamarre


・ダルト兄弟 / Darte Freres

80人〜100人ほどの従業員がおり、「皇帝国王陛下と皇太后陛下の製陶所」と称した。


・シュルシェール / Schoelcher


・ダゴティ / Dagoty

当時贈答品として人気があった工房。1804年に「皇后陛下の磁器工房」の称した。


・ロクレ / Locre


・クリニャンクール / Clignancourt

1767年頃、ピエール・ドリュエルにより開窯。1784年に色絵の生産を許可された窯の1つ。プロヴァンス伯(ルイ16世の弟、のちルイ18世)の庇護を受け「王弟殿下の工房」と称した。1799年廃窯。

・アンドレ / Andre

1810年頃、モーリス・アンドレ(Maurice Andre)による絵付け工房。


・フイエ / Feuillet

19世紀前半において最も優れた装飾工房のひとつ。

など


リモージュ / Limoges

フランス製の陶磁器で一般的に一番よく聞く名前がおそらくこのリモージュである。18世紀にパリの磁器工房などがリモージュに伝わり、磁器を製造するようになった。初期のころはセーヴルへも白磁の提供をしていた。その後、装飾も手掛け、多くの工房が乱立するようになった。初期のころのリモージュに窯印はないが、19世紀中盤ごろからはそれぞれの工房の窯印がつけられていることが多い。シンプルなものから独特のものまで、多種多様の製品が造られた。エナメル彩やパテシュールパテのような特徴的な技術に特化したものも多い。現代ではフランスのお土産品としてコバルトに金彩のものが有名である。


・LAZEYRAS,ROSENFELD,LEHMAN

LEHMAN工房

1920年頃


・Jean Pouyat(1842〜1914) 

Puiyat工房

1883年〜1914年のマーク


・LA PORCELAINE LIMOUSINE

LIMOUSINE

1905頃〜1930年代


装飾のないものには赤のマークはつかない。


・Charles Field Haviland

Field工房

1858頃〜1881)


・William Guerin(1887年〜)

William Guerin

1891年〜


ここに載せたのは一部で、それぞれの工房で他のマークも使用している。また、紹介した以外にも多くの工房がある。


アンティークショップ11thAvenue トップページはこちら

ここで紹介したのはごく一部で、実際にはここで紹介した以外にも多くのマークが使われております。また、マークの年代には諸説あるものもあり、あくまでも参考としてご覧ください。マークについてご質問等あれば、「お問い合わせ」よりご連絡ください。

参考文献
『Vincennes and Sevres Porcelain』(Adrian Sassoon/J Paul Getty Museum Pubns/1992)
『Collectors Encyclopedia of Limoges Porcelain 』(Mary Frank Gaston/Collector Books/2000)
『ヨーロッパ アンティーク・カップ銘鑑』(和田泰志/実業之日本社/1996)

メールマガジン

当店のメールマガジンです。月2回程の配信。お得な特典ありますので是非ご登録ください!


送料無料


当店の商品は全て在庫を持っての販売です。そのため、商品の全てがすぐに発送可能です。


当サイトは、SSL暗号化技術の採用により常時守られ、プライバシーは厳重に保護しておりますので安心してご利用下さい。


  発送日カレンダー

2019年2月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728
赤色は発送お休みです。

アンティーク11th Avenue

当店ではガラスや銀器、陶磁器などを中心に西洋アンティークの販売・買取をしております。

【店舗のご案内】

〒103-0011

東京都中央区日本橋大伝馬町17-6リフレ日本橋7階

営業時間12時〜19時(水・木曜定休)


お問い合わせは公式LINEもしくはメールにてお願いいたします。

友だち追加

↑公式LINEにてお問合せ


お問い合わせまたはshop@antique11.comです。

080-3465-6216(直通)

(電話出れない場合あり)


【姉妹サイト】

Les Six Fleurs

ヴィンテージ・セレクトショップ Les Six Fleurs



Facebook


google+のページ

アンティークリング


このエントリーをはてなブックマークに追加

Top