ナポレオン3世

ナポレオン3世

1855年、パリで初めての万国博覧会が行われた(万博としては2回目)。当時はナポレオン3世下であった。1848年革命によりウィーン体制は崩壊し、ナポレオン3世は皇帝となった。ナポレオン3世はパリを大改革し、鉄道、下水道などを整備し、ガス灯も設置された。その中で行われたパリで初めて行われた万国博覧会。多くの工芸品が並び、その技術を競い、賞が与えられた。それらの賞は各工房にとって非常に有意義なものであり、以降万博での受賞は各工房にとってこの上ない宣伝材料となっていった。ナポレオン3世の間は中国の開港、そして日本の開港と、アジアの文化が大きく影響した時代でもあった。そして1870年、フランスとプロイセンの間で行われた普仏戦争でフランスは敗北、アルザス・ロレーヌ地方の割譲、そしてナポレオン3世失脚となった。


中国の開港

ナポレオン3世が統治していた時代(1852年〜1870年)の文化は特徴があり、現在でもナポレオン三世期として1つの芸術様式のように言われることが多い。特に流行したのがシノワズリ(中国趣味)である(シノワズリは18世紀に一度流行しているが、再度流行した)。七月王政期の1842年にアヘン戦争終結のためイギリスと清で南京条約が結ばれ、続いて1844年にはフランスとの間で修好通商条約(黄埔条約)が結ばれるなど、フランスに中国文化がもたらされるきっかけがあり、そして第二次アヘン戦争(アロー戦争)によりイギリス・フランス連合軍は戦に勝利、多くの美術工芸品を持ち帰ったとされる。それら影響でフランスではシノワズリが流行し、清七宝を真似たクロワゾネといったエナメル彩色や竹をモチーフにした家具、漆器をイメージした黒色の工芸品など中国風のスタイルが流行した。

出典:メトロポリタン美術館

コーヒー&ティーサービス 1855年〜1861年

セーヴルのシノワシリーズ。Hyacinthe Régnierによってデザインされた(シノワシリーズはその後も製造し、セーヴルを代表するシリーズとして知られている)。


出典:メトロポリタン美術館

アコーディオン Alexandre Pere & Fils 1850年〜1855年

中国七宝に影響されたエナメル装飾のアコーディオン


名誉

パリ万博ではその評価に応じて賞が与えられた。その意義は非常に大きなものがあり、万博でいかに良い賞がもらえるかが社運をかけた一大イベントとして重要性を増していった。展示は値段がつけられ、実際に販売された。1855年のパリ万博で最高名誉賞を受賞したメーカーにはバカラやクリストフルなど現代にいたるまで続いているブランドも多い。パリ万博での受賞はブランド価値を高め、そのメーカーの名誉と発展にダイレクトにつながった。

出典:『Le magasin pittoresque Juillet 1855』

花瓶

1855年に出品された磁器製の花瓶。


日本の開港

1858年日仏修好通商条約が結ばれた。幕末から西洋列強が日本の開港を迫り、日本の文化も西洋へと渡るようになった。そして開港により日本文化はヨーロッパでブームとなるまでになった。いわゆる「ジャポニスム(英語でジャポニズム)」である。また日本の工芸品は多く輸出された。万博でも高い評価を得た薩摩焼や、廃刀令によって職を失った金工が輸出向けに優れた金工品を製造・輸出した。

出典:メトロポリタン美術館

プレート  1866年〜1875年

フェリックス・ブラックモンがデザインし、ウジェーヌ・ルソーが協力しLebuf et Millietで製造されたファイアンスのプレート。


ナポレオン3世期のアンティーク

ナポレオン3世期は非常に多国的なデザインが多く、また他の国とは違うフランスらしさが感じられる品物が目立つ。


当店のナポレオン3世期の商品をご覧ください。 →  ナポレオン3世期のアンティーク



【参考文献】

ジャンル別

発送日カレンダー

2020年8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
赤色は発送お休みです。