西洋アンティーク | 東京 | 歴史と芸術の融合

西洋アンティークショップ 11th Avenue | 東京 | 通販

古伊万里【江戸時代】染錦 小皿 5枚セット

110,000円(税込)

購入数
古伊万里(元禄・享保期)の西洋輸出手の古伊万里5枚セットです。

17世紀末から18世紀初頭にかけて輸出された古伊万里の作品です。色絵で紅葉と船、その周りに折れ枝の梅、そして美しい花が描かれた作品です。いかにも西洋受けを意識したデザインで、鮮やかさがあります。当時多く製造されたかぶと皿の形をそのまま小さくした形状も面白いです。

5枚セットです(単品可。お問合せください)。

縁や高台にホツ(欠け)のようになっている部分がところどころございますが、全て窯傷で釉薬下です。

【伊万里の輸出】
1647年から1650年代は東南アジア向けに輸出された。1659年にオランダ東インド会社によりヨーロッパへの輸出が本格化。その背景には同じく磁器の輸出国であった中国が1651年に海禁令、1661年に遷海令を発布するなど貿易禁止を強化したことがある。1670年代には柿右衛門様式、そして1680年代からは色絵の大壺などが輸出された。1684年、中国では展海令の発布や茶の流行とともに磁器輸出が再び本格化し、伊万里の輸出数は次第に減っていった。それでもザクセン選帝侯アウグスト強王など西洋の王侯や貴族を魅了したが、1757年に東インド会社からの正式な輸出は途絶えた。伊万里の文様はその後発展した西洋磁器において多大な影響を与えた。


年代1700年代前半(享保頃)
窯印なし(花絵)
状態コンディションb良好(製造時の傷、経年のスレあり)
サイズ直径 11.3僉文賃虜垢△蝓

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。




古伊万里 染錦 小皿 5枚セット