西洋アンティークのオンラインショップ | 東京 | ブロカントではない本物志向のアンティーク

エミール・ガレ【フランス】エナメル彩アザミ文花瓶

販売価格 0円(税込)
在庫数 在庫0 売り切れ
SOLD OUT

アール・ヌーヴォーを代表する工芸家エミール・ガレの花瓶です。

エナメル彩でアザミとロレーヌ十字がデザインされたガレらしい作品です。
ロレーヌ文はナンシーなどがあるロレーヌ地方の紋章で、フランスにとって重要な意味を持ちます。古くはジャンヌ・ダルクの象徴でもあったこともそうですが、なにより1871年から1918年までロレーヌ地方の一部がドイツに併合されてしまった時代、ドイツに対抗するフランスの愛国心の象徴としてこのロレーヌ文は重要な意味を持ちました。

形も非常に優れており、特に口部分は波打つようなデザインとなっています。

【エミール・ガレ / Emile Galle】
アール・ヌーヴォーの巨匠ともいわれるフランスの工芸家である。1846年に生まれる。父であるシャルル・ガレが陶器やガラスなどの工場を経営しており、そこでデザインなどを学ぶ。そのデザインの多くは植物や生物など自然を主題としており、死生観を表現するなど芸術性は非常に高い。1874年には自身で陶器やガラス、家具などの製作を始める。陶器においてはシャルル・ガレの代よりサン=クレマン製陶所にて生産していたが、1880年前後よりラオン=レタップ製陶所にて生産するようになる。ガラス製品においては1874年に自身のガラス工房が完成、1885年にはマイゼンタールと契約し制作を進め、様々な技法を開発、ガラスの表現方法を大幅に広げた。作家の詩等をガラスに刻み「もの言うガラス」は人気を博した。また、日本人の高島北海と交流があり、ジャポニズムの影響も受けている。1889年のパリ万博ではガラス部門グランプリ、陶器部門金賞、家具部門で銀賞を受賞し、世界的に高い評価を得る。1904年に死去。ガレの死後も1931年まで工房は続いた。


年代1890年頃
刻印あり(E.Galle Nancy Depose) ※Deposeは商標・意匠登録の意
状態コンディションb良好(製造時の気泡等あり)
サイズ直径 13僉米后法々發機8

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。


※コピー・リプロダクト品ではございません。本物であることを保証致します。





メールマガジン

当店のメールマガジンです。月2回程の配信。お得な特典ありますので是非ご登録ください!


送料無料


当店の商品は全て在庫を持っての販売です。そのため、商品の全てがすぐに発送可能です。


当サイトは、SSL暗号化技術の採用により常時守られ、プライバシーは厳重に保護しておりますので安心してご利用下さい。


  発送日カレンダー

2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
赤色は発送お休みです。

アンティーク11th Avenue

当店ではガラスや銀器、陶磁器などを中心に西洋アンティークの販売・買取をしております。

【店舗のご案内】

〒103-0011

東京都中央区日本橋大伝馬町17-6リフレ日本橋7階

営業時間12時〜19時(水・木曜定休)


お問い合わせはメールにてお願いいたします。

お問い合わせまたはshop@antique11.comです。

080-3465-6216(直通)

(電話出れない場合あり)


【姉妹サイト】

Les Six Fleurs

ヴィンテージ・セレクトショップ Les Six Fleurs



Facebook


google+のページ

アンティークリング


このエントリーをはてなブックマークに追加

Top