西洋アンティーク | 東京 | 歴史と芸術の融合

西洋アンティークショップ 11th Avenue | 東京 | 通販

ロブマイヤー【Lobmeyr】 「ミラマーレ」ワイングラス

0円(税込)

在庫状況 在庫0 売り切れ

アンティーク・ロブマイヤーのグラスです。

2代目オーナーであるルードヴィヒ・ロブマイヤー(Ludwig Lobmeyr)により1862年より発表された「Miramare(ミラマーレ、ドリンキングセットNo.54)」のグラスです。このデザインはもともと初代オーナーのヨーゼフ・ロブマイヤー(Joseph Lobmeyr)が発案したもので、1852年〜1854年の間に描かれたデザイン画がロブマイヤー社に残されており、それをもとにルードヴィヒが1862年のロンドン国際博覧会(万博)に出品しました。
18世紀前半によく製造されたボヘミアンガラスのデザインを取り入れたデザインです。

驚くほど薄手で非常に軽い高品質の素地に、ロブマイヤーらしい美しい高度な手彫りのエングレーヴィングの作品です。

『J.&L. LOBMEYR Between Tradition and Innovation Glassware from the MAK collection 19th century』P.53〜55に同品掲載。
『別冊太陽 ロブマイヤー・グラスの世界』P.71に同品掲載。

【ロブマイヤー / LOBMEYR】
世界最高峰のグラヴィール技術を持つ高級ガラスメーカー。シャンデリアでも有名である。アンティークのロブマイヤーでいえば、イスラム文様のエナメル彩による作品は非常に高い評価を得ている。 1823年、ヨーゼフ・ロブマイヤーがウィーンにて創業。1835年にはハプスブルグ家から皇室御用達の称号を得る。1860年にヨーゼフが他界すると、子のヨーゼフJr.とルードヴィヒが共同経営者となりJ.&L.Lobmeyrとなる。1864年にヨーゼフJr.が他界。トーマス・エジソンとも親交があり、1883年には世界初となる電気式のシャンデリアを発表している。1899年にルードヴィヒは名誉市民に選ばれる。ルードヴィヒは生涯独身であり、甥のシュテファン・ラートを工房に参加させる。シュテファンはヨーゼフ・ホフマンと協力するなど新しいロブマイヤーの形を作り出した。


年代19世紀末〜20世紀初頭
刻印なし
状態コンディションb良好
サイズ高さ 13.4僉…招臓6.3

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。




ロブマイヤー ミラマーレ ワイングラス

おすすめ商品