西洋アンティーク | 東京 | 歴史と芸術の融合

西洋アンティークショップ 11th Avenue | 東京 | 通販

ジョージ・アダムズ【イギリス】純銀製キャディースプーン 1876年

0円(税込)

在庫状況 在庫0 売り切れ

イギリスアンティークの純銀製ティーキャディースプーンです。

ヴィクトリアンを代表するカトラリーメーカーのジョージ・ウィリアム・アダムズ(George William Adams)による作品です。シェル型のボウルとハンドルのブライトカット装飾が非常に美しいお品です。
また厚手のしっかりとした作りが特徴的です。ジョージアンのキャディースプーンは薄手作られていることが多いですが、ヴィクトリアンの19世紀後半に入るとこちらのように厚手で作られることも多くみられます。

純銀製(925/1000、スターリングシルバー)です。

【ジョージ・ウィリアム・アダムズ / George William Adams(Chawner & Co)】
ジョージアンの有力銀職人ウィリアム・イーリー(William Eley)とウィリアム・フェーン(William Fearn)の協力もと制作をしていたウィリアム・チョーナー2世が1815年に設立した工房。1834年にチョーナー2世が死去すると、妻のメアリー(Mary)が継ぎ、1840年には娘婿のジョージ・ウィリアム・アダムズが加わりChawner & Coとなる。ジョージ・アダムズは同時代でも随一のカトラリーメーカーと知られ、優れた作品を制作した。その製品は当時の王室御用達のハント&ロスケル(Hunt &Roskell)、クラウンジュエラーのガラード(Garrard)、有力銀工房のエルキントン(Elkington)などに提供され販売された。その後、1883年にHolland,Aldwinkle & Slaterに会社は売却された。



年代1876年5月〜1877年5月
刻印ロンドンアッセイオフィス1876年、スターリングシルバーの刻印、メーカーマーク、デューティーマーク
状態コンディションb良好
サイズ長さ 10.5cm
重量約24.4g

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。




ジョージ・アダムズ キャディースプーン

おすすめ商品