西洋アンティーク | 東京 | 歴史と芸術の融合

西洋アンティークショップ 11th Avenue | 東京 | 通販

リッジウェイ【イギリス】金彩花文カップ&ソーサー 1830年代 B

12,960円(税込)

購入数
イギリスアンティーク、リッジウェイ(Ridgway)のカップ&ソーサーです。

高品質な磁器を製造したことで知られるジョン・リッジウェイ(John Ridgway)期のカップ&ソーサーです。美しいシェイプのハンドルに、優雅な花絵がデザインされた1800年代前半に流行したスタイルのお品です。花絵はリッジウェイが得意とした転写を利用しています。

ジョン・リッジウェイ期に使用された正式な窯印(王室の紋章を利用したJR(john Ridgway)の刻印)が入った珍しいお品です(この時代はカップとソーサーに別々の窯印が押されるのは通常のことです)。

【リッジウェイ / Ridgway】
18世紀末にジョブ・リッジウェイ(Job Ridgway 、1759-1813)が兄弟のジョージ(Geroge,1757-1823)と一緒にはじめ、1808年にジョージの代わりに二人の息子(ジョンとウィリアム)を加えて"Job Ridgway & Sons"と名乗り、1814年にJohn and William Ridgwayとなった。1830年にウィリアムは別事業に移り、ジョンはヴィクトリア女王に納めるなど高品質な製品を制作した。ボーン・チャイナを使用し、転写によるデザインを得意としていた。その後何度か経営者や名称が変わったのち1862年にブラウン・ウエストヘッド,ムーア社(BROWN-WESTHEAD,MOORE&Co)、そして1905年にコールドン(Cauldon,Ltd)となる。


年代1830年〜1841年
刻印あり、2/7578(パターンナンバー)
状態コンディションb良好(僅かな金彩のスレあり)
サイズカップ 直径 9.5cm 高さ 7.2cm ソーサー 直径 15.2cm

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。




リッジウェイ カップ&ソーサー

おすすめ商品