西洋アンティーク | 東京 | 歴史と芸術の融合

西洋アンティークショップ 11th Avenue | 東京 | 通販

フランス【アンティーク】ヴェルメイユ装飾 純銀製スプーン 1809年〜1819年

8,640円(税込)

購入数
フランスアティークのシルバー製スプーンです。

ナポレオン・ボナパルトからルイ18世期の古いお品です。
このスプーンの特徴はハンドルが反りの向きがイギリス式になっているというところです。フランスの場合、ハンドルの反り方はボウルと同じ方向に向いて反るのが通常です(一般的な裏側が表となるため)。イギリスでも古い銀器はフランスの影響を受けて発展したため、フランス式の反り方をしていたのです(ハノーヴァリアン)が、1750年代頃からオールドイングリッシュパターンが発展し、いわゆる現在の一般的な反り方の方向に変わりました。そしてこのスプーンは紅茶の流行に伴い、イギリスの影響を受けてデザインされたフランスのティースプーンと考えられます。先端が尖がっているのはフランスの1800年代前半に流行したスタイルで、サイズや用途に関係なく見受けられます。全体にヴェルメイユ装飾が施されており、よく残っております。


純銀製(925/1000、スターリングシルバー)、メーカーは不明(刻印あり)です。


年代1809年〜1819年
刻印鶏1stの刻印(1809年〜1819年)、ギャランティーマーク、工房の刻印、蟹の刻印(1838年以降に再度販売するために検査を受けた証)
状態コンディションb良好
サイズ長さ 14cm
重量約16.2g

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。




フランス ティースプーン

おすすめ商品