西洋アンティーク | 東京 | 歴史と芸術のマリアージュ

西洋アンティークショップ 11th Avenue | 東京 | 通販

オーストリア= ハンガリー帝国【アンティーク】純銀製サーバースプーン

12,100円(税込)

購入数
オーストリア=ハンガリー帝国のシルバー製スプーンです。

大きさのあるサーバースプーンです。
ハンドルにはカット装飾が施された、あまり派手過ぎない装飾がお洒落なスプーンです。

純銀製(800/1000、オーストリア=ハンガリー帝国のスタンダード、ディアナの刻印)です。

【オーストリア=ハンガリー帝国のシルバー】
オーストリア=ハンガリー帝国(1867年〜1918年)下とその直後の1922年までは女神ディアナ(Diana,ダイアナ)の頭の刻印が使用された(オーストリア帝国期とは全く異なる)。頭の周辺には一緒に純度を表す数字が打たれ、「1」は95%、「2」は90%、「3」は80%、「4」は75%に分類された。小さな製品については、犬の頭の刻印(80%)、ライオンの頭の刻印(75%)が使用された。



年代1867年〜1922年
刻印ディアナの頭と3の刻印(オーストリア=ハンガリー帝国公式800/1000証明印、アッセイオフィスを表すアルファベットはスレで解読不可)、メーカーマーク
状態コンディションb良好
サイズ長さ 22.3cm
重量約66.5g

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。



スプーン1

ハンドルのカット装飾がお洒落なデザインのスプーンです。



オーストリア=ハンガリー帝国期の刻印。ウィーン(現在のオーストリア)などオーストリア地域を中心に、プラハ(現在のチェコ)、ブダペスト(現在のハンガリー)、クラクフ(現在のポーランド)、リヴィウ(現在のウクライナ)、トリエステ(現在のイタリア)、ライバッハ(現在のスロバキア)、ティミショアラ(現在のルーマニア)、ザグレブ(現在のクロアチア)などで広範囲で使用されていた刻印です。

スプーン2



おすすめ商品