西洋アンティーク | 東京 | 歴史と芸術の融合

西洋アンティークショップ 11th Avenue | 東京 | 通販

ラパ&ピュイフォルカ【フランス】純銀製フルーツナイフ 6本セット

74,800円(税込)

購入数
フランスアンティークのシルバー製フルーツナイフ(フロマージュナイフ)です。

ルイ16世様式の上品なデザインのです。
このナイフは19世紀に活躍した優れたメゾンのラパ(LAPAR)によって販売されたナイフです。注目すべきはハンドルはピュイフォルカに委託制作されており、ピュイフォルカとラパの合作となっています。ブレードはLabat&Pugibert工房で制作され、小売店のL.LAPAR(Leon Lapar)にて販売されたお品です。
ハンドルにはクレスト(紋章)とモノグラムが彫られています。
ハンドルもブレードも厚みがあり、品質の良いナイフです。

ハンドルもブレードも純銀製(950/1000、ミネルヴァ1st)です。

6本セットです。
※単品希望の方はお問い合わせください。

【ラパ・エ・ピュジベール / Labat & Pugibert】
1877年より活動。「L'Escalier de Cristal」(1804年に創業し、エミール・ガレやウジェーヌ・ルソーといった一流の工芸家の作品を扱った高級小売店)に多く商品を納めた。1897年からはFrancois Labatと名前を変え、1920年まで続いた。


【ピュイフォルカ/ Puiforcat】
フランスを代表する銀工房。エミール・ピュイフォルカ(Emile Puiforcat)によって1820年創業された。19世紀末にルイ=ヴィクトール・ピュイフォルカ(louis-Victor Puiforcat)によって発展、さらにその息子ジャン・ピュイフォルカ(Jean Puiforcat)のアール・デコ期の活躍によって世界的ブランドとして認知された。現在はエルメスの傘下に入る。



年代1877年〜1897年
刻印ミネルヴァ1st(2か所)、工房の刻印
状態コンディションb良好
サイズ長さ 19.8cm
重量約278g(6本まとめて)

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。



フルーツナイフ1

ハンドルにクレストとモノグラムが彫られています。



ラパとピュイフォルカの合作です。ラパは現在では知られていませんが、当時の有力工房です。

フルーツナイフ2