イギリス【アンティーク】クレイヴン伯爵紋章入グラス 1800年代半ば

イギリスアンティークの紋章入りグラスです。

正確に言えばイギリスの貴族からの注文でドイツで製造されたグラス(レーマー杯)です。
注文主はクレイヴン伯爵(ウィリアム・クレイヴン、1809-1866年)で、クレイヴン伯爵の紋章がエングレーイングで彫られています。ガラスはレーマー杯では非常に珍しいクリアなガラスの上にグリーンのガラスを被せた被せガラスであり、紋章部分はエングレーヴィングで深い彫りにいより色彩の変化が生まれます。ボウル部分やフットにもカット装飾が施され、透明な部分とグリーンの部分の色分けがされています。

ウィリアム・クレイヴンは1825年に伯爵となり、1829年にバークシャー連隊長となり、その後、1831年にウォリックシャーとバークシャーの副統監に任命され、1853年にはウォリックシャーの統監となりました。
紋章は伯爵家の王冠に、6つのクロスのエスカッシャン、サポーターはグリフィン、そしてクレイヴン家のモットーは「Virtus In Actione Consistit」(美徳は行動にあり)です。


年代1860年代頃
刻印なし
状態コンディションb良好(製造時のムラ、ポンテ跡あり、口に僅かな小傷あり)
サイズ高さ 11cm 口径 5.5cm

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。



紋章入りグラス

イギリス伯爵の注文品。被せガラスにエングレーヴィングで紋章が彫られた手の込んだ作りです。レーマーのスタイルやエングレーヴィングの技術的にもドイツの工房へ注文させたものと考えられます。



銀や陶磁器と比べてグラスに紋章が入れられることは非常に少なく、入ったとしても簡易的なクレストやモノグラムですが、こちらはしっかりとした紋章です。

紋章入りグラス2



  • イギリス【アンティーク】クレイヴン伯爵紋章入グラス 1800年代半ば

イギリス【アンティーク】クレイヴン伯爵紋章入グラス 1800年代半ば

42,900円(税込)

在庫状況 在庫0 売り切れ

購入数

ジャンル別

発送日カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
赤色は発送お休みです。