ボヘミア【アンティーク】ステイニング装飾 金彩ルビーカラー ワイングラス A

アンティークのボヘミアンガラス。

美しい深紅のルビーカラーのワイングラスです。一見するとガラス自体が赤色のように見えますが、ガラス自体は無色透明で、ステイニング技法により赤色に装飾をされています。ステイニング技法はフリードリヒ・エガーマン(Friedrich Egermann)が遅くとも1832年には開発した技法で、金属化合物を熱してガラスとの間に化学反応を起こして着色させる技法です。こちらのグラスも酸化銅がステイニング技法により着色されています。通常ステイニングを行ったあと、カット装飾をして色合いの変化を付けることが多いですが、こちらはカットした後にステイニングを行っているため、全体がルビーカラーとなった色合いです。その上に、手際により金彩装飾が施された19世紀半ばのつくりです。

ポートワイン相当のサイズです。



年代/PERIOD1840年代〜1860年代頃
刻印 /MARKなし
状態/CONDITIONコンディションb良好(金彩スレ、製造時のゆがみあり)
サイズ/SIZE高さ 10.5cm

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。




ルビーカラーグラス

アンティークのボヘミアンガラス。赤色の美しい色合いのグラスです。ガラス自体が赤色をしているわけではなく、ステイニングという技法により銅赤が着色されています。



金彩は手彩による装飾。19世紀の独特な質感があります。

ルビーカラーグラス2
  • ボヘミア【アンティーク】ステイニング装飾 金彩ルビーカラー ワイングラス A

ボヘミア【アンティーク】ステイニング装飾 金彩ルビーカラー ワイングラス A

0円(税込)

在庫状況 在庫0 売り切れ

購入数

ジャンル別

発送日カレンダー

2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
赤色は発送お休みです。