William Woodward【イギリス】オールドイングリッシュ 純銀製ティースプーン 1700年代半ば

イギリスアンティークのシルバー製ティースプーン。

現在に至るまでスプーン形状の定番となっているオールドイングリッシュ・パターンの初期のスプーンです。オールドイングリッシュ・パターンは1750年代ごろより発展、特に1770年代以降は非常に多く作られ、定番の形となった。ハンドルの先端がそれまでのフランス式であるハノーヴァリアンとは逆の方向に曲がっているのが特徴で、これ以降それが基本的な形状となりました。その名の通り英国式となり、現在にいたるまでイギリスを代表するパターンとして知られています。裏側のドロップは、それまでのハノーヴァリアンにみられる長いドロップが名残をとどめています。

純銀製(925/1000、スターリングシルバー)、メーカーはWilliam Woodward(1759〜1770)です。
この時代のスプーンにはデイトレター(年代別)の刻印、アッセイオフィスマークは打たれないのが通例です。


年代 / PERIOD1759年〜1770年
刻印 / MARK(ロンドンアッセイオフィス)スターリングシルバーの刻印(経年のスレあり)、メーカーマーク
状態 / CONDITIONコンディションb良好(ボウル部分に経年の使用傷多少あり)
サイズ / SIZE直径 12cm
重量 / WEIGHT約13g

※状態についてはコンディション(商品状態)についてをご覧ください。




スプーン

イギリスのシルバー製スプーン。オールドイングリッシュの初期のお品です。



1760年代前後に活動していたWilliam Woodward工房のお品。

スプーン2
  • William Woodward【イギリス】オールドイングリッシュ 純銀製ティースプーン 1700年代半ば

William Woodward【イギリス】オールドイングリッシュ 純銀製ティースプーン 1700年代半ば

9,350円(税込)

在庫状況 在庫0 売り切れ

購入数

ジャンル別

発送日カレンダー

2021年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
赤色は発送お休みです。